連日の暑さの中、プール遊びをして過ごすりす組のお子さんたち。

水面をバシャバシャと叩いて水しぶきをあげたり、水遊びの玩具を持って嬉しそうな笑顔を見せてくれます。

初めは、慣れない雰囲気から保育者のそばから離れられないお子さんもいましたが、次第に玩具や水にも興味を持ち、自らタライやバケツの中に手を入れ、水に触れて遊べるようになりました。

顔に水がかかっても、気にすることなく遊び続けるお子さんもいました。

 

プールに入らないお子さんは、お部屋で過ごしちえさんに、いろいろなわらべうたを教えてもらいました。

歌に合わせて体を揺らしたり手を動かしたり、ちえさんをじっと見つめてよく聞いていました。

ちえさんの子守歌が心地よくて眠くなっていたお子さんもいましたよ。