朝の落ち着いた時間に個別活動(お仕事)を始めています。

フェルトボールやビーズを穴の開いた容器に落とすお仕事やお絵描き等お子さんの興味に合わせたものを提供しています。

今回はその中からシール貼りについてご紹介します。

 

シール貼りは指先を使ったお仕事です。

まず親指と人差し指を使いシールを台紙から剥がします。

 

次に台紙を狙い親指と人差し指で貼ります。

 

お子さんは目と手の協応が未発達です。

また思い通りに身体や手先を動かすことが多い難しい時期です。

シール貼りでシールを剥がす、台紙に貼るという動作を繰り返すことで

目からの情報と末端神経である指先の連動を何度も経験することが出来ます。

経験を積めば積むほど脳と目と手の協応性を高めることに繋がります。

 

シール貼りを終えたお子さんは「できた!」という達成感を味わい、とても嬉しそうな笑顔を見せてくれます。

 

盒供“香