りす組のお子さんたちがお気に入りの、トラッカーについてご紹介します。

落とさないように慎重に、丸い穴にボールを入れます。

ボールは、カタカタと音をたてながら、傾斜を転がっていきます。

そして、下から出てくるボールを取り、再び上部の丸い穴に入れます。

その過程で、お子さんは、しゃがむ・握る・持ち上げる・入れる・離す・立つ(掴まり立ち)など、たくさんの動作が複合的に行われています。

この動作を繰り返し行うことで、集中力や全身の発達を促します。

ボールがゆっくりと転がるように設計されているので、0歳児のお子さんでも追視しやすくなっています。

発達を促す教具のトラッカーは、この時期のお子さん達にとっても人気です。

自分が穴に入れたボールが出てくる喜び、転がる様子を音を感じながら楽しんでいます。

 

                                  進藤 彩