モンテッソーリのお仕事の中で基礎となるのが、日常生活の練習です。

日常生活の中で身の回りの事が自分で出来るようになることは子どもにとって大きな喜びです。

子どもは生活する中でいろいろな動きを自然に吸収し、自分で出来るようになります。

そうした成長にともなう子どもの活動を獲得しやすいように体系づけたのが日常生活の練習です。

その中で指先の動きを使う『落とす』お仕事をご紹介します。

 

指先をたくさん使って洗練させ、3本指で『摘まむ』のが目的です。

発達に合わせて握るから『摘まむ』へ、大きい物から小さいものへ難易度は上がっていきます。

りす組ではホースを落とすお仕事を準備しています。

 

大きい穴の開いた容器にホースを落とします。

 

 

単純な動作ですが、親指、人差し指、中指の手先を使って

ホースを握る、つまむ、離す、落とすという動作を繰り返すことで

脳が刺激され集中力が養われます。

特に1、2歳児の子どもは親指を自分の意志で動かすことが難しいので

この動作を行うことによって自然と器用に動かせるようになります。

 

『落とす』お仕事はご家庭にあるものでも準備することができます。

 

例えば、

ペットボトルに半分に切ったストローを落とす。

 

 

粉ミルクの缶の蓋に穴を開け、ポンポンやペットボトルの蓋を落とす。

 

 

ご家庭にあるものでも遊べますので、ぜひ試してみてください。

 

盒業香