保育園の生活にも慣れ、椅子に座り落ち着いて活動を行えるようになってきました。

今回はお絵描きを行っている様子をご紹介します。

 

お絵かきの第一歩は「なぐりがき」からはじまります。

まずはクレヨンで「描く」というよりも点を打ったり手を左右に動かし、

色が付いたり感触を楽しんでいます。

 

 

手の動きをコントロールできるようになってくると、それまで点だったものが直線が引けるようになります。

さらに発達すると手をぐるぐると回して渦巻を書いたり、クレヨンを紙につけたまま手を動かし波形を書いたりと、

徐々に複雑になっていき、手の動く範囲が広がるともに描ける線が増えていきます。

 

 

自ら好きな色を選び、クレヨンを握る表情は真剣そのものです。

お子さんが思い思いに表現しようとする姿を大切にしています。

まだまだ雨の日が続きますが、室内でできる活動を工夫しながら楽しく過ごしてしていきます。

 

                              大八木 美穂