最近ひかりグループのお子さんを中心に園庭で鬼ごっこをする姿が増えてきました。

 

お子さんたちが「鬼ごっこする人この指止まれ!」と言うと数人が集まって鬼ごっこが始まります。

 

最初は「タッチされたら鬼を交代する」というシンプルなルールですが、次第に「次はタイムありね!」「タッチされたら固まって、足をくぐったら逃げていいよ!」等、お子さんたち自身でルールを考え工夫して遊ぶ姿が見られます。

 

 

時には、他の子と意見が合わないことや自分の思い通りに遊べないこと等、お子さん同士で衝突することもあります。

 

大人はケンカしたことに対して「それはいけない」「何でそんなことするの」と伝えるだけではなく、お子さんがなぜルールを守れなかったのか、なぜルールは守るのかを聞き仲立ちするようにしています。

 

鬼ごっこを通して、お子さん自身で友達との関わり方を学ぶ機会になるように見守っています。  

                                            きつね組 小町拓也