日常生活の領域の一つ、ガラスを拭くお仕事を紹介します。

このお仕事は自立を助ける、知性、意志、運動の統合を図る目的があります。

 

まずは霧吹きとゴムベラとタオルを持ったカゴを持ってきて、

窓に向かって霧吹きで水を2回吹きかけます。

 

 

ゴムベラを両手で持ち、上から下へ移動させ、水滴を拭き取ります。

 

 

タオルを左から右へ移動させ、水滴を拭き取ります。

 

 

窓の汚れが綺麗になりました。

 

指を動かして霧吹きを拭く、ゴムベラを上下に動かすなど

動きに関することは、生活で必要な動きに繋がっていきます。

又、動くことによって身体的に筋肉や感覚器官を発達させていきます。

お子さん自身が興味を持ち、喜びを感じられるような日常生活のお仕事に取り組めるよう、

環境を整えています。

 

たぬき組 池 美月