お仕事の時間や自由遊びの時間に行っている

「お絵かき」について紹介します。

 

何気なくしているように見えるお絵かきですが、

発達がよく見て取れるものでもあります。

たぬき組には1歳児・2歳児のお子さんが在籍しているので

その違いも見て取れます。

 

こちらは1歳児のお子さんがなぐり描きをしている様子です。

最初は手首を使って、「トントン」とたくさんの点を描く様子が見られました。

次の段階になると肘を使い線が描けるようになってきます。

縦や横、徐々に長い線を描くようになっていきます。

 

 

 

こちらの写真は2歳児のお子さんです。

動きを目で追いながら描くことが出来るため、始まりと終わりが分かる丸を描くようになります。

段々と始まりと終わりの点を繋げて上手な丸が描けるようになってきます。

 

 

丸の中に目や口を描いて、顔を描いていますね。

 

 

また、3歳ごろになると線や点にも意味を持つようになり

描いたものに名前をつけ、「これはママだよ。」「これは犬。」

などとイメージして描けるようになります。

 

お子さんの発達にとって必要なものであることを理解すれば、

「せっかくの紙にぐちゃぐちゃに描くなんてもったいない」とは思えませんね。

 

保育園でもお子さんの発達にとって大切な殴り描きを

充分にできる環境を整えています。