たぬき組の2歳児のお子さんが取り組んでいるハサミのお仕事を紹介します。

ハサミはお子さんに合ったサイズの物で、安全に配慮しながら使用しています。

 

第一段階としてハサミに親指と人差し指、中指を入れ、開閉する練習をします。

スムーズに開閉できるようになると次の段階、

一回の動作で切る「一回切り」の練習に移ります。

自分でハサミを使い、紙を切ることができたお子さんたちはとても嬉しそうな表情で、

紙を切ることを繰り返します。

この写真は線の上を意識しながら紙を切っている様子です。

 

 

一回切りが出来るようになったら、広い幅の紙を切る「二回切り」の練習に移ります。

ハサミで切った紙は封筒に入れ、ご家庭に持ち帰ります。

 

 

二回切りが出来るようになると連続して直線を切る「直線切り」の練習に移ります。

 

 

直線切りが出来るようになると時計の絵が描いてある紙を切り、手首に巻いて完成です。

ここから曲線切りやジグザグ切りなどに発展していきます。

ハサミが使えるようになると工作の幅がどんどん広がっていきますね。

これからもお子さんの発達に合わせてお仕事を提供していきます。

 

たぬき組 池 美月