たぬき組のお子さんたちは、戸外から戻ると「お腹すいた〜」「今日のごはんはなにかな?」とランチを楽しみにしています。

食事中は、お友達だちと「おいしいね」「これ食べてみて」と楽しそうにお話しています。

お子さんたちの食事の様子をご紹介します。一人ひとりに合った持ち方で食具を使い、食事をしています。

柄の上から握る上手持ちです。

 

手首を返せるようになったら、柄の下から握る下手持ちです。

 

指先が器用に動かせるようになったら、親指と人差し指で持つ鉛筆持ちです。

 

食具を持つ反対の手は、お椀に添えています。

2歳児のお子さんは、ピッチャーからコップにお茶を注ぐことができるようになってきました。

自分で適量を筋肉を調節しながらゆっくりと慎重に注いでいます。

食事の場面だけでもお子さんたちの成長が伺えます。

 

これからも食べる意欲を大切に、楽しい雰囲気で食事をすることを大切にしていきます。

そのなかで、食事前後の挨拶や食べる時の姿勢、食具の持ち方などを丁寧に伝えていきます。

 

                                   進藤彩