日常生活の活動の一つである、「編む」についてご紹介します。

  この活動のねらいは、触感覚・指先の機能の洗練、独立心・集中力を養う、意識的運動の獲得となっています。

 

 

 紐の長さは30冂度です。

 

 

集中て活動をしています。

 

日常の活動は基本活動でとても大切です。

 

与えられた環境中で、自分の感覚と運動を使い、また、用具・道具も使い、どのように暮らしていくかを、その環境内の種々の刺激、特に大人をモデルとして、次第に自分のものとしていけるようにするものが日常の活動となっています。

 

 

最後まで編み終えました。

 

 

自分の髪の三つ編みを触り、同じであることを感覚を通し感じている様子がみられました。

 

                              しか組 岩本 稚英子