先日、うさぎ組のお子さん達で夏に欠かせない野菜、きゅうりの苗をプランターに植えました。

 

まずはシャベルで穴を掘ります。

 

 

お子さん達も興味津々で穴を掘る保育者の真似をしています。

 

 

掘った穴に苗を置き、優しく土をかぶせます。

 

 

最後に「大きくなってね」と声を掛けながらジョウロで水やりをしました。

 

 

順調に生長すると6月下旬には20cm程に実がなり、収穫できる予定です。

これからお子さん達と一緒に水やりや支柱立て、摘葉など世話をしながら

生長過程を観察していきます。

きゅうりだけなく、森の子保育園の畑ではトマトやさつまいも、スイカなど

たくさんの野菜を栽培しています。

栽培活動を行う中で、土の匂いや感触を感じたり、植物や昆虫に触れたりと

様々な体験をすることが出来ます。

これからそのような体験をお子さんたちと共有し

美味しいきゅうりを食べることが今から楽しみです。

                                                                                 池 美月