動くということは、生まれてから3年間の発達においてもっとも重要な側面の一つです。

 1歳半の時期に、手と足の力が強まることによって、子どもは引力の法則に挑戦するかのような傾向もみられるようになります。

つまり歩くだけではなく、体全体を動かしたい衝動にかられ、それにより自分自身の体を作っていきます。

 

そこで、この時期のお子さんの運動発達を促すため、戸外遊びだけではなく室内遊びで粗大運動を取り入れています。

これは、ホールで鉄棒を行った様子です。
鉄棒では、指先でしっかりと棒に掴まりながら体重を支え、ぶら下がります。
少しずつ、一人でぶら下がれるお子さんが増えてきました。

 

跳び箱では、一段のみ用意し、上に乗り両足でジャンプをできるようにしました。飛び降りるジャンプは、瞬発力や、身体をタイミングよく連動させる力が身につきます。保育者に支えられながらジャンプするお子さん、「みててね」と一人でジャンプするお子さんがいました。

 

 

 これからも遊びの中に、楽しく身体を存分に動かす経験ができるよう見守っていきます。 

                                                      河村 夏子