くま組のお子さんは、絵本を読むこと、絵本の絵を見ることが大好きです。

帰りの会の前など、次の活動まで少しでも時間があると、ゲームやおもちゃ等

だけではなく、絵本を積極的に読む姿が多く見られます。

 

朝のお仕事やお家で平仮名の読み書きの経験が豊富なお子さんは、

字が読めることを喜び、「お、ば、け、の・・・」と一文字ずつ追って読んだり、

文字を文章でまとめて声に出して読んだりする姿が見られます。

また、一人で黙々と読むだけでなく、年上のお子さんが年下のお子さんに読み聞かせを

してあげたり、友だち同士で絵を見ながら感想を述べたり、保育者のように

相手側に絵本を向けて読む真似をしたりと、絵本の楽しみ方はそれぞれです。

絵本の読み聞かせでは、お話を始める前に作者の話もし、同じ作者の絵本を

見つけると「せなけいこっていうひとのえほん、まえもよんだよね!」などと

子どもたちも気づいて嬉しそうな姿も見られています。

毎回新しい絵本を読むだけではなく、繰り返し同じ絵本を読むことで

「言葉あそび」「ごっこ遊び」「お話づくり」に発展します。

そうしたお子さんたちの姿を目にした時の感動は素晴らしいものです。

これからも、素敵な絵本に沢山触れ、心の豊かさを育みます。

         

                      くま組 阿部 葉月