ひかりぐるーぷのお茶の時間。

まず前回行った、『立ち方』『座り方』『礼の仕方』を確認しました。

 

「宜しくお願いします。」きちんと礼をしてから入室。

 

次は『立ち方』。つま先をきちんと立ててから、片足ずつゆっくりと立ち上がります。

 

 

お茶室のお軸には『和敬清寂』と書かれています。

『和敬清寂』は、千利休の教えを初めての人にも分かりやすく

覚えやすいように、和歌の形にしたものです。

一字一字に意味があり、茶道が華美に流れていくことを

戒めた言葉だと言われています。

 

今日は、子ども達に簡単に意味を説明をしました。

『和』 お友達と仲良く

『敬』 お互いを敬い

『清』 優しい心

『寂』 物おじしない、落ち着いた

 

忙しない世の中です。

お茶の活動を通して、子どもの達の心にゆとりができる事を願っています。

 

                          今村 好子