今日は、お子さんたちの楽しみにしていた調理保育を行いました。

朝のお仕事を終え、ホールに集まって、

さっそくエプロンや三角巾を身に着けました。

「見て! エプロン、ママが作ったの!!」

「○○のエプロンなんだー!」と嬉しそうでした。

 

ジャムやパンの作り方のお話を聞き、

2グループに分かれて調理開始。

 

 

【 ブルーベリージャム作り 】

 

ブルーベリーと砂糖を鍋に入れて、火にかけるとブルーベリーに変化が!

「わあ!ブルーベリーが黒くなってきた!」

「水がでてきたよ!」などと言いながら

ワクワクした表情で鍋の中をのぞいていました。

水がたくさん出てきたら、お子さんたちの出番です!

へらをしっかりと両手で握り、一人10回ずつで交代しながら、かき混ぜました。

 

 

【 パン作り 】

 

パン作りでは一人3個ずつ好きな形に成型する作業を行いました。

パン生地を手に取ると、

「ぷにゅぷにゅしてて気持ちがいいね!」

「いいにおいがするよ!」

などとパン生地の触感や匂いについて

お友達同士でお話をしていました。

 

「ぼくは、くまにしたよ!」「でんしゃ、つくった!」

と動物や乗り物、四角や丸、先生やお友達の顔など

好きな形に成型していました。

 

細かくちぎって目を作ったり、耳をつけたりなど

とても丁寧に一つずつ作り上げていました。

 

 

 

ジャムとパン作りを終え、

準備してくださったキッチンの先生に「ありがとうございました!」とご挨拶をしました。

 

 

お部屋に戻った後は

「たのしかったね!!」「もっとやりたいね!」「はやくたべたいなあ!」

などと調理保育の感想をお友達同士でお話していました。

 

おやつの時間にお子さんたちの作ったパンとジャムを食べました。

焼けて膨らんだパンを見て、「おっきくなってる!」と驚いたり、

「あまくておいしい!」「パンふわふわだね!」と喜んでいました。

 

パンを食べて「おいしかったよ!」とニコニコでお部屋に戻ってきたお子さんたちの

口の周りにはジャムのおひげがついていました!

 

 

初めての調理保育・・・・大成功!!

とても楽しい思い出が作れました。

 

 

 

コメント
コメントする