先日、とても大きな台風がきました。

月曜日の朝、保育園を見回ると

ビワの木が倒れそうになっていました。

そこで、今週末の台風に備えて、野口さんにビワの木の添え木をして頂きました。

 

 

添え木の様子を見に行くと、秋の可愛いお花を発見しました。

 

 

チェリーセージ。

代表的なのは『ホットリップス』。赤と白のツートンカラーの品種です。

唇をイメージしているそうです。

子ども達が、なぜか『かたつむり!』と呼んでいます。

 

 

シュウメイギク(秋明菊)です。

花言葉は、『淡い思い』です。

名前に『菊』の言葉が使われていますが、実は『菊』ではなく

キンポウゲ科のアネモネの仲間だそうです。

シュウメイギクは、道端に沢山咲いていますので、探してみてください。

 

新しい園庭には、秋のお花がたくさん咲いています。

今年は酷暑でした。最近、やっと過ごしやすくなってきました。

秋の気配を感じられる園庭には、今日も子ども達の元気な声が響いています。

 

                    今村  好子

 

 

関連する記事
コメント
コメントする