今朝、干していた洗濯物を取り込んでいると、畳むのを手伝ってくれるお子さんの姿が見られました。

どんなお手伝いであってもお子さんが「やりたい!」と思っているかどうかが大切です。

 

時には、「これお手伝いしてくれると嬉しいなあ。」

とつぶやくと「今これやってるから無理」という返答が返ってくる日もあります。

そんな日には、「そう、いつもやってくれてありがとう」と日々のお礼を言うようにしています。

 

お手伝いは、周りの人に感謝され人の役に立つことができ、

思いやりの心と自信にもつながります。

                  きつね組 渋谷

 

 

関連する記事
コメント
コメントする