ランチの様子を紹介します。

ランチの時間になると、順次ランチルームへ行きます。

ホワイトボードにその日のメニューが書いてあり、

「おいしそう」「今日の果物はかきだ!」などと言いながら、嬉しそうに見ています。

 

 

森の子保育園のランチはブュッフェスタイルです。

キッチンの先生とお話をしたり自分で食べられる量を調節しながら食器によそい、テーブルまで運びます。

トレーに食事をのせて運ぶので、『落とさないように』『周りのお友達とぶつからないように』と慎重に歩いています。

意識して身体を動かすことで、自分の身体をコントロールすることにも繋がっていきます。

 

 

着席し、「いただきます」のご挨拶をして食べ始めます。

綺麗な音楽の流れるランチルームで、お友達や先生と会話を楽しみながら食事をしています。

テーブルには、お当番さんがお花を飾ってくれます。

時折、畑で採れた野菜をつかったおかずもあり、お子さんたちの楽しみの一つです。

 

食べ終えた後はお子さんたち自身で食器を下膳します。

お皿に食べ物の残りがついたままにならないように、ざるに入れてから食器ごとに分けて片付けます。

洗う時にキッチンの先生が困らないように、と身近な人への配慮の気持ちを込めて行っています。

 

 

食事は、お子さんの体や心を育てる重要な要素がたくさんあります。

献立は一汁三菜、季節の野菜をたくさん取り入れています。

苦手な野菜もありますが、就学までに

少しずつ食べられることを目標に楽しく食事をしています。

毎日食べるおいしいランチは、心も体も元気になります。

 

                     しかぐみ 池 美月

 

 

コメント
コメントする