いよいよ、発表会まであと少しとなりました。

劇や合奏も少しずつ形になってきました。

日々の練習の中で、個々の成長や集団の中で団結する姿が見られます。

 

そんなお子さんの頑張っている姿を見たとき、どんな言葉をかけますか?

 

 

保育園では純粋に行動に対する称賛を伝えています。

しかし、褒めることが、知らず知らずに子どもの気持ちを

コントロールすることにならないように気を付けています。

『褒められること』は自分を認められていると感じ自己肯定感が高まります。

 

クリスマス発表会の本番まであと一週間です。

子ども達は、一生懸命練習に取り組んでいます。

当日は、大勢の保護者の前で立派な姿を見せてくれることでしょう。

その時は、十分に『褒めて』あげてください。

 

私たちも、お子さんの一生懸命取り組む姿を温かく見守っていきます。

                       

                       きつね組 渋谷 加奈子

コメント
コメントする