今日は、『縫う』お仕事の紹介をします。

『縫う』お仕事は、指先の機能の洗練を促しています。

 

お仕事の用紙には、線と黒点が印刷されています。

まずはこの黒点上に目打ちで穴をあけていきます。

 

 

全ての黒点に穴が開いたことを確認したあとは、糸の用意をします。

糸を伸ばす、糸をハサミで切る、針に糸を通すなどの細かな動作も、

保育者の見守りのもとお子さんが行っています。

 

 

糸の用意ができたら縫っていきます。

「穴に針を入れ、紙を裏返し、引き抜く」

この動作を繰り返すことで「波縫い」ができます。

 

 

はじめは力加減が難しく紙が破けてしまったり、

縫う穴の順番が分からなかったりすることもありましたが、

繰り返し取り組むことでほとんどのお子さんが上手な波縫いができるようになりました。

たぬき組の2歳児のお子さんはさらに難易度の高い、曲線や円の縫いさしにも取り組んでいます。

工程のあるお仕事で、途中で疲れたり、飽きてしまうことも時にはありますが、

最後までやり遂げると「できた!」という満足そうな表情をみせてくれます。

 

                            たぬき組 徳永 愛実

コメント
コメントする