今日は『落とす』活動の紹介をします。

穴の開いた容器に、掴んだ物を『落とす』お仕事です。

これは指先の発達を促すことを目的としています。

 

  ものを掴めるようになるまでには発達段階があります。

〈目と手の協応〉→〈手がもみじ状に開く〉→〈熊手形で掴む〉

 →〈親指を使って掴む〉→〈親指と人差し指の指先で掴む〉

このように段階を踏んで少しずつできることが増えていきます。

 

  これは穴が開いた缶の蓋におはじきを落とすお仕事です。

 

 

片方の手で缶を押さえ、指先で掴んだおはじきを穴に合わせて入れています。

 

 

 教具棚には難易度の異なる『落とす』お仕事を用意し、簡単すぎず

難しすぎず、お子さん一人ひとりの発達段階に合ったお仕事を提供することで

発達を促しています。

お子さんが集中してお仕事に取り組めるよう落ち着いた雰囲気作りも心掛けています。

初めは穴に合わせて落とすことが難しく、もどかしそうにしている

お子さんもいますが、保育者の手本を見たり、何回も繰り返すことで

できるようになります。

その時のお子さんの「自分でできた」という経験を大切にしながら見守っています

 

                          ふくろう組 大八木 美穂

 

 

コメント
コメントする