茶道は、雑な動作を行うと失敗します。

今日も、ありがとうお茶会に向けて、慎重にお茶をお運びする練習をしました。

子ども達は、『縁をふまない』など様々な作法を念頭に置きながらお運びをしていました。

 

茶道には、様々な作法があります。

例えば『茶碗を回す』のはなぜでしょう。

茶碗には、顔となる『正面』があります。

茶碗を回すのは、その正面を客に向けてお出しするためです。

頂いた客は謙虚な心で、『正面』から頂くことを避けるために、再び茶碗を回します。

この事から、重要なのはお茶碗を回す回数ではなく、

お茶をお出しする方の気持ちにどう応えるか、ということです。

『お茶の心』、それは『思いやりの心』です。

 

今村 好子

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする