毎月第3木曜日のことりくらぶは、

絵本の読み聞かせとわらべうたです。

 

ご家庭で絵本を読むお母さんも、

読み方が分からなくて読まないというお母さんも必見!!

ひさこ先生の絵本はお子さんに合った絵本を選ぶだけではなく、

声のトーンやボリューム、スピードなど、真似したいところが沢山あります。

こんなに小さなお子さんもこの通り、

すっかり絵本の世界に引き込まれていますね。

 

知っている絵が出てきたのかな?

鮮やかな色に目を奪われているのかな?

ページをめくる動きが面白いのかな?

ひさこ先生の表情を見ているのかな?

目が合ったらにっこり♪

 

保育園では、絵本を躾の道具にせず、コミュニケーションのひとつとして活用しています

うちの子、なんでこんなに集中力がないんだろう…と思い

つい静かに見てて!じっとしてて!最後まで見て!絵本聞いてるの?

などと声を掛けがちですよね。

でも子どもは自分の世界観で絵本を見ています。

じっと絵を見ている子もいれば、

前に出て来て、絵に触れようとするお子さんもいます。

 

「うちの子はどんなことを感じながらみているかな?」

と、聞かせようとはせず、お子さんの姿を楽しみながら、

お母さんとお子さんのコミュニケーションの時間にぜひ、絵本を読んでみて下さいね。

 

 

わらべうたでは布を使ったあそび

〜にぎりぱっちり〜

小さなお子さんにはわらべうたを歌いながら、布を優しく手渡し、

大きなお子さんには好きな色を選んでもらいました。

 

わらべうたの後は、どのお子さんでもくすぐったくなってしまう、

“背中のツボ”をご紹介しました。

背骨に沿って押すだけで、

 

ほらこの表情!

 

 

もちろん、お母さん同士の情報交換の場でもあることりくらぶ。

離乳食の量や、第2子についてなど共有できるトークで盛り上がれるのも嬉しいですね。

お子さんだけでなく、お母さんの憩いの場、交流の場にもなればと思っています。

 

さて、前回の投稿でお見せしたこの写真、

MYカードにスタンプを押すとことりくらぶが始まります。

お好きなカードを選び、

毎回持参してくださいね♪

何個スタンプが集まるかな?

 

次回は4月25日(木) 大きくなったかな(計測)とお誕生日会です。

立川市は毎月市の計測日がありますが、

場所が遠くてなかなか行けないという声を耳にします。

森の子保育園が近い方はぜひ、こちらの計測日もお使いくださいね♪

 

長谷川 亜希

 

 

 

 

 

コメント
コメントする