ランチで使用するごぼうの土を落とすお手伝いをしました。

食に関わるお仕事をすることが大好きなくま組のお子さん達は

「ぼくがやる!」「わたしがやる!」と、とても意欲的でした。

 

まず、水の張ったボールにごぼうを入れて手でゴシゴシと洗いました。

「ごぼうが白くなるまであらうんだよ!」

「みて!白くなってきた!」「いいにおいがする!」などと

お友だちと嬉しそうにお話しをしながら、ごぼうを洗っていました。

 

ランチでは、「根野菜のごまみそ炒め」にごぼうが入っていました。

気が付くと、「このごぼう、ぼくがあらったやつだよね!」と

嬉しそうに食べていました。野菜が苦手なお子さんも自分が実際に触れたり

お手伝いした野菜だとわかると、嬉しそうにもりもりと食べる姿も見られました。

これからも、食育活動を通して食に関しての興味関心の幅を広げていけたらと思います。

 

くま組 記:阿部 葉月

コメント
コメントする