うさぎ組のお部屋には、指先の発達を促すさまざまな手作り玩具があります。

これは、チップ落としです。

チップを指先でつまみ、容器に開けた細長い穴の中に落とします。

 

チップの向きを変えながら、うまく入れられる場所を探していきます。

なかなかうまく入れられる場所が見つからず、何度も向きを変えて挑戦しています。

 

 

これはビーズ落としです。小さなビーズを穴に入れます。

 

 

これは、摘まむ事が難しく見えるとても小さなビーズですが、親指、人差し指、中指の3本の指で上手に摘まんで入れることが出来ています。

 

 

どのお子さんも真剣な表情で取り組んでいます。

 

つかむ、つまむ、握るのように、指先を使った活動のことを「微細運動」といいます。

指先の発達は、脳の発達と連動しています。

また、指先の発達を促すことで、字を書く、スプーンや箸を持つなどの活動をスムーズに行うことが出来るようになります。

 

森の子保育園では、朝の落ち着いた時間に微細活動を取り入れています。

これからも、お子さんの発達を観察しながら、楽しみながら取り組んでいきます。

 

 

うさぎ組 小木曽梓

 

 

 

 

コメント
コメントする