このお子さんは、日常の活動の「ぼたんつけ」を何度も練習してきました。

 それが出来るようになると、「ポシェット作り」に挑戦します。

 

 まず、フエルトにぼたんをつけ、スパンコールは飾りとしてつけます。

 フエルトの淵も縫い合わせるため難易度があがります。

 またスパンコールはぼたんよりも扱いが難しい為、集中力も自然と高まります。

 

ボタン付け

 

糸を切り、小さな穴の針に通し、玉結びをします。

布の裏から糸を通し、ボタンの穴に入るよう慎重に縫っていきます。

2,3回繰り返したら布とぼたんの間を数回糸巻きします。(スパンコールは先に付け終えています。)

 

 

 

 

玉止めは難しいですが、しっかり見本をみせることでお子さんも理解し行えるようになっていきます。

 

今日は初めて自分で玉止めができたことで満足感の溢れる表情を見せてくれました。

この活動は指先の機能が洗練されます。また集中力も養うことができます。

イメージしたものが形となることに喜びを感じることのできる活動です。

 

これからも、お子さんに一人ひとりに合った活動ができるよう提供をすすめていきます。

                                                     

                            記:岩本 稚英子

コメント
コメントする