暖かく過ごしやすい季節になってきました。

お子さんたちは園庭で元気いっぱいに遊んだ後、お部屋に入って着替えをします。

着替えの際は、脱いだ衣服をお子さん自身で畳んでいます。

お子さんに合わせて、保育者が手本を見せながら手順を伝えたり、一緒に取り組んでいます。

「自分でやるから見ててね」と自信満々な表情で取り組むお子さんもいます。

 

ズボンは横向きに広げ、半分に畳みます。それを更に半分に畳んで出来上がりです。

畳む際は「パッタン」「半分こ」と言いながら楽しそうに畳むお子さんがたくさんいます。

 

上衣は袖を身ごろに畳み、裾を両手で持って下から上へ半分に畳みます。更に横も半分に畳みます。

 

最後に畳んだ衣服を袋に入れます。このとき、片手で袋口を持ち広げ、反対の手で畳んだ衣服が崩れないようにそっと入れています。

一人ひとりに合わせて必要な援助を行い、自分でできることに喜びを感じて意欲的に取り組めるよう

お子さんたちの『自分でやりたい』という気持ちを大切に、自分で出来るための援助をしています。

                             

                                  たぬき組 進藤彩

 

 

 

コメント
コメントする