四つ這いや歩行が安定し、日々できることが増えていくりす組のお子さんたち。

階段では自ら昇降する練習をしています。

初めは恐る恐る行っていたお子さんも、保育者と一緒に行う中で身体の動かし方を覚え、

四つ這いや、自ら手すりにつかまり一歩ずつ足を交互に動かし、発達に応じた方法で

昇降しようとしています。

保育者が「つかまってね。」「ぎゅーだよ。」「1、2。」など声を掛けながら

発達段階に合わせて援助を行い、安全のもと行えるよう見守っています。

上手に降りることができると満足気な表情を見せてくれました。

 

 

 

また、先に昇り終えたお子さんが保育者の「がんばれ」という声掛けに合わせ手を叩き、

お友だちを応援しようとする姿も見られました。

このように日々繰り返す中で筋力や身体のバランス感覚を養っています。

 

また、室内には発達を促す『歩行階段』という教具を設置し、練習をしています。

 

歩行が確立されてから階段が使えるようになるのではなく、その前の段階から

普段生活する保育室にこの歩行階段を置くことにより、自然に全身の運動を促しています。

 

                            りす組 大八木美穂

コメント
コメントする