今回は、「縫う」お仕事の紹介をします。

お仕事の用紙には、黒い点が印刷されています。まずはこの黒い点に目打ちで穴をあけていきます。

黒い点に穴が開いたことを確認した後は、糸の用意をします。
糸を机の端から端まで伸ばします。その際に、手のひらで糸をおさえます。
適切な長さになったら、ハサミで切ります。
切った糸を針に通していきます。
特にこの場面は難易度が高く、自分で針に糸を通すことができると「できた」と達成感を味わったり、
保育者と嬉しさを共有する姿が見られます。
糸の用意ができたら縫っていきます。
「穴に針を入れ、紙を裏返し、引き抜く」この動作を繰り返すことで、波縫いができます。
初めは力加減が難しく紙が破けてしまったり、縫う穴の順番が分からなくなったりすることもありましたが、
縫う動作を重ねることで、上手な波縫いができるようになりました。
たぬき組の2歳児のお子さんは、難易度の高い曲線の縫いさしにも取り組んでいます。
複数工程のある活動ですが、やり遂げると「できた!」と満足そうな表情を見せてくれたり、「もう1回やる!」と繰り返し取り組む姿も見られます。
たぬき組  山口 千優希