食べることが大好きなりす組のお子さん。

今回は食事の様子をお伝えします。

 

お子さんは離乳食後期ごろから、自分で食べたいという意欲が出始め、

手掴み食べをする姿が多く見られるようになります。

 

手掴み食べは、食材の硬さや温度等を覚える大切な過程の一つです。

目で見て口と手を使うことで食具を使う動きの元となり、

スムーズに移行していくことができます。

 

りす組のお子さんも副菜やご飯をおにぎりにして意欲的に

手掴み食べをしています。

 

 

 

始めは握る、次はつまむという動作に移行し、

指先を器用に動かせるようになります。

 

 

 

 

今後もお子さんの発達に合わせた援助の元、楽しい雰囲気の中で食事をしていきたいと思います。

 

盒供“香