ハサミのお仕事について紹介します。

ハサミはお子さんが扱いやすい大きさのものを使用し、安全に扱えるようにしています。

様々な大きさ・形の紙を準備し、お子さんの発達に合わせて紙を提供します。

少しずつ難易度のあるものに取り組めるようにしています。

 

まず始めに、はさみの開閉の仕方を伝え、その後、一回切りに挑戦します。

ハサミを一度開閉し、紙を切ります。

写真は、紙に書かれた線に合わせて切っているところです。

一回切りが出来るようになると、紙の幅を広げて二回切りに取り組みます。

 

二回切りがスムーズに出来るようになると、直線に合わせて連続切りに取り組みます。

 

線に合わせて切ることが上達し、ぐるぐるやギザギザ等の難しい形にも挑戦するお子さんが増えてきました。

切り終えた紙は封筒に入れてご家庭に持ち帰っていますので、持ち帰った際には是非ご覧ください。

 

これからも、お子さんの発達に合わせてお仕事を提供していきます。

                               進藤 彩