先日たぬき組では、野菜の収穫を行いました。

5月からナスを育てており、花が咲き、ナスの形が大きくなるにつれ「もう取っていい?」「はやく食べたいな」と興味津々に見るお子さんの姿が見られました。

 

保育者の援助のもとヘタの部分をはさみで切る様子です。

「ぼくも」「わたしも」とお友だちがたくさん集まってきました。

実物に触れることで、野菜の姿や感触、色や形を知り、植物や虫に触れる体験を通して、五感で様々な知識を取り入れていきます。

お友だちとの間では、「何にして食べようか」「どうやって食べる?」等と想像を膨らませながら会話を楽しんでいました。

その日のランチでは、収穫したナスを汁物でいただきました。

「おいしいね」「わたしがとったナス?」と興味津々で食べていました。

自分たちで育てたものはより美味しく感じますね。

野菜を育てることにより、自然に関わりながら食材に対する感覚を豊かにしていきます。

これからも、自分たちで育てたという経験から、食への興味や関心、意欲へと繋がっていけるよう子どもたちと関わっていきます。

 

たぬき組  原山 美咲