今日のお軸は、『和敬清寂』

これは、千利休が茶道の教えを初めての人にも分かりやすく

覚えやすいように、和歌の形にしたものです。

一字一字に意味があり、茶道が華美に流れていくことを

戒めた言葉だと言われています。

 

『和』 お友だちと仲良く
『敬』 お友だちを敬い(大切に)

『清』 優しい心で

『寂』 落ち着いて

 

今日は、子どもたちに意味を説明しながら一緒に詠んでみました。

『茶道』というと、作法が堅苦しいイメージがあるかもしれません。

しかし、茶道の根底にあるのは、相手を思いやり、尊重し、最大限にもてなす心です。

 

 

宜しくお願いします

 

「お先に」「どうぞ」

 

感謝の気持ち

 

頂戴いたします

 

拝見も上手にできるようになりました

 

真剣に拝見をしています。

 

茶道の心得を日常の生活に取り入れることで、心穏やかに過ごすことができると思います。

忙しない世の中、一息つくことも大切ですね。

                            

                             今村 好子